読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者ドライバー試乗記

免許取り立ての若者が、初心者ならではの視点で試乗レポートしています。

メルセデス・ベンツC 180 AVANTGARDE試乗!ラグジュアリースポーツセダン!?

 

こんにちは。

初心者ドライバー試乗記のhamoです。

 

今回はメルセデス・ベンツのC180です!

C180とはCクラスの1.6Lターボ。先日紹介したA180と同じエンジンですが、馬力やトルクの味付けが異なっているそうです。そんなCクラスをレポートしたいと思います。

 

ちなみに先日のA180Sports試乗レビューがこちらです↓

hamo-testdrive.hatenablog.com

 

f:id:hamosan3:20160707213215j:plain

 

まず、エクステリアですがダイナミックですね。Aクラスよりも曲線的で優雅なビジュアルです。最近のメルセデス・ベンツに共通している大きめのエンブレムは衝突軽減ブレーキのレーダーも兼ねているのだそう。ちなみにメルセデスの自動ブレーキは50km/hほどまで対応でき、また歩行者検知にも対応しているという最先端の予防安全機能が使われています。

 

f:id:hamosan3:20160707213221j:plain

 

運転席に乗り込みシートベルトを装着するとAクラス同様シートベルトの自動巻き上げがなされます。そして試乗車はエンジン始動がキーレスではありませんでした。不便そうにも思えますが、「よしっ!これからクルマ運転するぞ!」という気分になれるので私は好きです。そしてシフトレバーはハンドル右側に付いていますのでセンターコンソール部分はナビ操作専用のダイヤル等が付いています。現行メルセデスはほぼハンドルシフトで共通化されてるそうですが、私は好きになれません。理由は単純で安価な実用車の象徴というイメージがあるのと、間違って操作してしまった時のリスクが高いから。お店の方にそのように伝えると、車速が10km/h以上で誤操作した場合はニュートラルに入り、10km/h以下で誤操作したときはリバースに入るとのこと。スーパーの駐車場なんかで間違ってレバーを下げてしまうとバックギアに入る…。なんかなぁと思います。輸入車に乗るとウィンカーを出すときに誤ってワイパーを操作してしまうことがあるのですが、それがシフトですからね。ちょっと怖いです。

 

インテリアは今流行りのピアノブラックを中心にまとめあげてます。ラグジュアリーさと若々しいスポーツ感を上手く表現してると感じました。一方で、どっちを目指すのかはっきりしてほしいと思ってる方もいるそうで・・・。これからは優雅さはEやSクラス、スポーティーさはA・Cクラスで担っていくのかもしれません。ただCクラスのボディーサイズが一番なんですけどね。

 

f:id:hamosan3:20160707213219j:plain

 

乗り心地は「これがベンツの乗り味だよね+少し固め」という感じ。幅が1.81mあるとのことですが車線幅の狭い道でも全く苦に感じませんでした。ステアリングも適度に重くセンターがしっかり出ているので長距離の高速移動なんかでは疲れ知らずな移動が可能ですね。アクセルペダルは比較的遊びが多く、ブレーキタッチはしっかりしたものでした。気をつけて踏んでも最後に「クグッ!」とブレーキ音がするので安心ですね。見切りがいいなと感じたのも高評価です。

 

メルセデスにはEクラスやSクラスといった大きなセダンもありますが、日本の道路環境においてはCクラスのサイズが一番取り回しやすいです。また、メルセデスに共通していえることとして「高速道路を高速で最短時間で移動できる乗り物」だなと感じました。強烈な直進安定性と疲れ知らずな乗り心地。そして運転していて感じられる優越感。これらの要素を重視する人にはおすすめします。この世界観はAクラスでも味わえますが、やはりセダンがいいなとも感じました。土日は試乗会をやってたりするそうなので機会があればぜひ試乗してみてください。

 

 

〜今回試乗したクルマ〜

メルセデス・ベンツ C180 AVANTGARDE

エクステリア ☆☆☆☆☆

インテリア ☆☆☆☆

エンジン ☆☆☆☆

乗り心地 ☆☆☆☆

安全装備 ☆☆☆☆☆

価格 ☆☆☆

 

www.mercedes-benz.co.jp

 

初心者ドライバー試乗記 hamo