読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者ドライバー試乗記

免許取り立ての若者が、初心者ならではの視点で試乗レポートしています。

これってベルタじゃない?hamoさん的カローラ論【トヨタ・カローラアクシオ試乗レポート】

 

こんにちは。

初心者ドライバー試乗記のhamoです。

 

だいぶ空いてしまいました。すみません。

今回はカローラアクシオです。

 

カローラといえば1966年から発売されてるトヨタ自動車を代表するクルマの一つです。昨今ではプリウスの方がトヨタの代表車種って感じですけどね(笑)

 

 

私はE14型、すなわち初代カローラアクシオが好きです。あのデザイン、見るたびにいいなぁ〜と思っているのですが、最近のカローラは何とも魅力を感じません。しかし私の関係者がカローラを購入検討してるとのことで試乗に行ってみました。

 

ちなみに私が好きなカローラはこれです↓

www.toyota.co.jp

 

 

f:id:hamosan3:20161212214223j:plain

 

エクステリアはこんな感じ。

若々しさを出しているつもりなんでしょうけど、何とも愛着の湧かないデザインです。家内は今のカローラの方がいいと言っているので好き好きなんでしょう。ボディーサイズは先代のカローラアクシオより若干短くなっています。つまりかつてのヴィッツのセダン版であるベルタに近い位置づけとなっているのです。

 

つまり・・・

 

今のカローラカローラじゃない!!(全否定)

 

「そもそも日本国内向けになったカローラアクシオからカローラじゃないだろ」と思う方もいると思いますが、2012年以降のカローラは完全にベルタになってしまいました。その象徴たるのが内装。

 

f:id:hamosan3:20161212214242j:plain

 

なんですか、この商用車的デザインは。

もちろん社用車需要が大半だということも理解しています。

 

ですけど・・・

 

これはカローラじゃない(再び)

 

なぜここまでカローラアクシオを否定するのか?

それはアメリカやヨーロッパで発売されてるカローラとの乖離が酷いからです。

 

www.toyota.com

カローラ(北米版)

 

www.toyota-europe.com

カローラ(欧州版)

 

ほらね、やればできるんですよ。

Cセグメントとしての風格。

もちろん3ナンバーサイズですけどね。

 

スポーティーなデザイン、シンプルな内装、ちゃんとした安全性。

なぜ外国で出来て、本国である日本で出来ないのか?

ホントに悔しい限りです。

 

現行のコンパクト需要はベルタを復活させ、カローラカローラとして売って欲しい。それがカローラ好きな私の望むところであります。

 

さぁ、気を取り直して試乗へいきましょう。

 

f:id:hamosan3:20161212214226j:plain

 

ドアの開閉音は意外なほど良く、走り始めるとコンパクトなボディーも相まって細い裏路地もスイスイです。一方でCVTの影響なのか?いつもエンジンが唸っているような感じでどこか軽自動車に近い安物感を覚えます。視界は問題なし、ステアリングも違和感なし、アクセル・ブレーキ共に違和感はありません。ただ、問題は足回り。常にバタバタして大きな段差ではドン!と足がいなしきれていないような印象を受けました。クルマに詳しい知人いわく足が弱いと言ってましたが、そういうことなのかな?と。足の動きは総じて悪いので攻めた走りには全く向いていません。

 

プラットフォームがヴィッツと共用ということもあって、国際標準のCセグメントには入り込めてない印象。競合車であるマツダ・アクセラのほうが本来のカローラらしさを持ち合わせているようにも感じます。まぁ、とにかく主観ではありますが、自腹を切って買うクルマではないのかな?と。来年(2017年)にはマイナーチェンジの噂もありますので、ぜひ3ナンバー+ダウンサイジングターボ+MTなんてモデルが出るといいんじゃないかな〜とは思うのですけど、なかなか厳しいでしょうね。

 

それが無理なら北米版なり欧州版を日本でも発売してほしいものです。

カローラ愛がゆえ厳しい評価となってしまいました。ごめんなさい。

 

〜今回試乗したクルマ〜

トヨタ・カローラアクシオ

エクステリア ☆

インテリア ☆

エンジン ☆☆

乗り心地 ☆

安全装備 ☆☆☆

価格 ☆

toyota.jp

初心者ドライバー試乗記 hamo