読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者ドライバー試乗記

免許取り立ての若者が、初心者ならではの視点で試乗レポートしています。

このクルマはMTで決まり!!【ホンダ・S660試乗】

 

こんにちは。

初心者ドライバー試乗記のhamoです。

 

今回は、S660試乗インプレッションです。

限定解除したことによってMT車の試乗もできるようになりました。

CVTとMTモデルの比較もしながら紹介します。

 

実は昨年6月にCVTモデルを試乗してたのですが記事にしていませんでした。

ですので、改めての紹介になります。

 

 

まず、ホンダ・S660の概要ですが、軽自動車規格のMR(ミッドシップレイアウト)のオープンスポーツカーです。一時は納車待ちが1年近くになっていたとか。そんな納期には色々理由があるのですがここでは省略します。

 

f:id:hamosan3:20170111150405j:plain

 

S660は軽自動車規格ですが、エンジンの絶対的パワー以外はもはや軽ではありません。私にとって免許を取得して最初に運転した軽自動車がS660でした。今時の軽自動車はこんなにしっかりしてるんだ!と思っていたのですが、後日ダイ●ツのエ●セに乗って、S660が特別だったんだと衝撃を覚えたのも記憶に新しいところです。

 

 

特に際立つのがドアの開閉性。下手な普通車よりも重厚です。

ドアの音はもちろんですが、スッっとドアが吸い込まれるように閉まります。

これだけでも素晴らしいです。

 

運転席に乗り込みます。

シート位置はかなり低めで座りながら地面を触れることができます。

 

f:id:hamosan3:20170111151214j:plain

 

前回の試乗時には気にならなかったことですが、ABCペダルの位置がとても自然です。ドライビングポジションがおかしい車が多い中、軽自動車のサイズでこのペダルレイアウトが実現されてることに感動しました。足を投げ出すようなポジションもいいですね。とにかく変なところに力が入らないので楽なんです。

 

折角なので窓を全開にして試乗スタート!

 

限定解除の講習はすべて場内コースなので、MTでの公道走行はこれが初めて。

とっても緊張です(^o^;

 

f:id:hamosan3:20170111151621j:plain

 

しかしそんな緊張も杞憂に終わりました。

スコスコギアが入り、クラッチも繋ぎやすく快適そのもの。

教習車が一体なんだったんだと思うほど楽しいものです。

 

また、一度試乗したときにはわからなかったことですが、

 

 

「MRって楽しいですね!」

 

 

一般街路での右左折での旋回性が抜群です。

ボンネットにエンジンがないので鼻先が曲がりたい方向を向くような感覚。

これが楽しい。

 

日本のように狭くて低速コーナーが多い国において、軽自動車の車幅でMRでオープンって一つの理想形なんじゃないかって思います。三ケタ国道でも車線幅を十分に使ってコース取りできるわけです。この楽しさって同じくスポーツと名乗ってる86やBRZでは味わえないものなのではないかな? って思います。エンジンパワーは高速道路では不足感もあるのかもしれませんけど、足るを知るというか使い切れるからこそ楽しいとも言えますしこれでいいんだと思います。

 

f:id:hamosan3:20170111153446j:plain

 

積載性はほぼ皆無ですが、私の身長だとシートの裏側にハンドバック程度収納できました。トランクが倉庫状態の人は困るのかもしれませんが、私はいつも鞄1つか2つしか載せてないのでこれで十分です。

 

CVTモデルとMTモデルを乗り比べたわけですが、かなり違いがあります。CVTでは軽オープンという印象だった印象が、MTモデルになると軽スポーツという感覚になります。私が買うならMT一択ですね。あのシフトフィーリングが好きです。

 

もちろん気になる点もあります。例えば視界の悪さ。特に左右後方が見づらいので、バイパスへの合流なんかで神経を使います。あとはロールトップの出し入れに手間がかかるとか、そういったところくらいでしょう。

 

トータル的に非常に楽しい車でした。

また機会があったら、じっくり長距離を走ってみたいものです。

 

www.honda.co.jp

 

初心者ドライバー試乗記 hamo